東京都にお住まいの辰巳京子先生のところへ伺いました。

辰巳先生のピアノは、十数年前に弊社でご購入いただいたスタインウェイです🎹

この度、調律のみではなく、タッチと音色の総合的な調整を行いました。ピアノは、弾いても弾いていなくても変化していくものなのですが、弾けば弾くほどにその変化は著しくなり、メンテナンスが重要です!

ピアノの調整をするにあたって、ハンマーが弦を打つ位置、ここが摩耗します。そのために、摩耗した底の部分がわずかに見える程度にハンマーを削らなくてはなりません。技術的な言葉では「ハンマー整形」といいます。ハンマー整形をすると、ピアノの音色は大きく変化します。(もちろん、他の調整部分を調整すれば音色は変わりますが、ハンマー整形をするほどの変化はありません。)ハンマー整形をして大きく変わった音色を音楽的に調整するときは、お客様の好みに合わせながら全体の音色調整をします。

全ての調整の後、先生に音色を聞いていただいたのですが、とてもご満足いただけたご様子でした。

辰巳京子先生は、ピアニストとして演奏活動の他にピアノ演奏教師もしていらっしゃいます。
辰巳先生のプロフィール、ピアニストとしての経歴や想い、レッスン等につきましては、ぜひ先生のホームページ「音のある生活 辰巳京子のピアノ教室」をご覧頂けたらと思います♪

また、辰巳京子先生のご主人(かわかみひろひこ)様は、本を出版されており、「実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなるからだ作りワークブック」は、なるほど!と思う身体の使い方がたくさん載っています。こちらもぜひご覧ください(^O^)/

「実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック」

著者:かわかみひろひこ(アレクサンダーテクニークの学校主宰)ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングスより2019年2月23日発売。詳細な図解・写真入り160ページ 全国の楽器店・書店にて販売中。

Amazonでの購入はこちらから

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ情報
おすすめの記事