【本】美音の架け橋(著:松永 正行)

¥1,500 (税別)

商品カテゴリー:

説明

「神は微細なところに潜む」
ピアノ調律師

それは優れた技術と経験、卓越した美意識を必要とする究極の技。
プロの矜持が火花を散らす駆け引き、至高の『音』を目指すがゆえの葛藤と信念、限りない美への憧憬。
スタインウェイ社の技術認定資格試験を通して描く、ドラマチックで奥深い調律の世界!

クラシックピアノ音楽と、そのコンサートのおもしろさ、妙味は、その綿密さ、微妙さにこそある。

コンサートでのアンケート用紙に、『え、これがいつも聴くこのピアノ?』と書かれたことがある。これは、私がピアノの音造りを試みたピアノ持ち込みによる実験的コンサートを行った時の反響である。こういった聴衆の反応を見るとき、ホールのピアノがその本来の持ち味を十分に発揮していないとするなら、何がそうさせているのか、考えてみる必要があるのではないだろうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事